CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
AD・VC
AD
MOBILE
qrcode
サッカー日本代表 代表27人の分析 MF編
0

    JUGEMテーマ:サッカー日本代表

     

    サッカー日本代表 代表27人の分析 MF

    サッカー日本代表が発表されました。今回はMF編,箸いΔ海箸如考えてみようと思います。

     

    1.日本代表のMF

    ハリル監督は、トップ下を配置した場合には、ダブルボランチを使用しました。また、インサイドハーフに2人を並べるフォーメーションも多用しました。

     

    その場合は、アンカーのような位置に守備的な選手を起用することもありました。大抵は長谷部や山口のような守備専門の選手起用が目立っています。

     

    1-1.長谷部(フランクフルト)

    日本代表の主将でありながら、守備の要にもなる選手です。3バックのセンターも予想されていますが、どちらにしても重要な選手になります。

     

    以前に比べると攻撃的な意識は減っていますが、W杯では守備中心で問題はないと思います。守備的なMF1枠はほぼ確定と考えられます。

     

    1-2.山口(セレッソ大阪)

    守備のスペシャリストとして日本代表に定着をしている山口です。青山が離脱ということで追加選手の有無にかかわらず重要な存在になります。

     

    心配な部分が、稀に軽率とも思えるような横パスを出すことがあります。アジア相手であれば、通用しましたが、世界は甘くありません。

     

    1-3.本田(パチューカ)

    ハリル監督時代はトップ下の適正はないと判断されて右FWでの召集でした。西野監督はMFで召集ということは、本田がトップ下でしょうか?

     

    個人的にはトップ下は香川で問題ないと思っています。本田は人の少ない右FWかセンターFWが適性的にこなせそうです。

     

    1-4.香川(ドルトムント)

    怪我明けということで召集に疑問を持つ人も多いようです。それでも攻撃面・守備面で森岡や小林とは実力差があります。

     

    香川と岡崎に関しては、今回のガーナ戦には出場しないで、コンディションの向上につとめてほしいです、

     

    2.日本代表MFの分析

    少なくとも今回紹介をした4人は問題なく23人の枠に入ると思います。怪我が心配な香川に関しても、本番までに良くなれば問題はありません。

     

    守備面に関しても、本田はともかく香川に関しては、かなりうまい守備をしているのですが、日本ではあまり評価されていません。

     

    どちらにしても、本田と香川は活躍をしていないと言われていますが、得点は他の常連組と比べても引けをとりません。

     

    長谷部や山口は守備の要になるので、この4人をはずす理由は特にありません。青山の離脱は痛いですが、残りの3人もMFの中かFW1人になりそうです。

     

    まとめ

    守備的な時間が多くなるので、攻撃的な香川の存在が必要ないと言われることもあります。実際の香川の守備力はドイツでも通用しているので決して苦手ではありません。

     

    今回紹介をした4人は日本代表にかかせない選手たちになります。少なくとも残り8人のMFと比べても呼ばない理由がありません。

     

    本田や香川は、選手としての知名度などからかなり活躍をしないと認めてもらえませんが、実際には日本代表で、上位に位置する活躍をしています。

     

    特に香川に関しては、ハリル監督も最終的に呼ぶつもりでした。森岡や中島を推す人もいますが、わずかの活躍で期待をしすぎだと思います。

     

    | サッカー(主に日本代表) | 16:00 | comments(0) | - |
    サッカー日本代表 代表27人の分析 DF編
    0

      JUGEMテーマ:サッカー日本代表

       

      サッカー日本代表 代表27人の分析 DF

      サッカー日本代表が発表されました。今回はDF編△箸いΔ海箸如考えてみようと思います。

       

      1.日本代表のDF

      日本代表のシステムでは、4バックが基本でしたが、西野監督は3バックを考えているようです。確かに3バックか変則の5バックの方が守りやすいのは事実だと思います。

       

      3バックと4バックではメンバー的に変わるような気もしますが、大方のメンバーは配置が代わるだけという印象があります。

       

      1-1.酒井(高)(ハンブルガーSV

      酒井(高)はハリル監督の時から代表に呼ばれていた常連組です。左右どちらのサイドバックもできるので、後半の厳しい時間帯で重宝できる選手だと思います。

       

      問題点は、右サイドが甘くなる傾向のある日本代表はそこをねらわれそうです。

      酒井(高)や他の選手を使うのであれば、3バックにする方が良いのかもしれません。

       

      1-2.遠藤(浦和レッズ)

      遠藤は可もなく不可もなくというのが印象です。攻撃陣の代表水準レベルに比べるとDF陣は正直に言って厳しいというのが本音だと思います。

       

      遠藤の年齢を考えると次回のW杯では主軸になりたい年齢です。現在のレギュラー格との実力差は歴然だと思いますが、今回の経験を活かして欲しいと思います。

       

      1-3.昌子(鹿島アントラーズ)

      吉田に何かあった時は昌子がいると言われるようにならないと困ります。現状はあくまでも代役であって、完全に代わりが努められる訳ではありません。

       

      仮に3バックであれば、長谷部がDFになると思うので、出番は少なくなると思います。どの試合も守備の時間が長くなるので、必ず出番が来ると思って準備をして欲しいです。

       

      1-4.植田(鹿島アントラーズ)

      本来であれば、代表レベルかは疑問の残る選手です。実際にレギュラー枠との差が大きいので通常であれば、出番はないと思います。

       

      植田は次回のW杯でも中心にならなくてはならない年齢です。自分の経験をしっかりと活かして4年後に中心選手になってほしいと思います。

       

      2.日本代表DFの分析

      日本代表のDF陣の最大の問題点は、レギュラーと控えの差です。センターバックはもちろんですが、サイドバックもまだまだ次世代が決まりません。

       

      確かに数人は候補者がいるようですが、やはり世界基準で考えるとまだまだです。せめて長友や酒井(宏)レベルの選手が育たないと4年後も厳しいと思います。

       

      まとめ

      日本のDF陣は層がうすいという印象です。確かにレギュラー格の選手は欧州で活躍をしている選手が多くいます。

       

      MFにはタレントが多い世代が続いているので、4年後に向けて守備陣の強化が必要です。日本が世界で勝にはやはり守備力が基本になります。

       

      今回紹介をしたメンバーは、経験というものを大切にしてほしいと思います。本田・香川をせめる人もいますが、DF陣のレベルを考えると先が不安になります。

       

      | サッカー(主に日本代表) | 10:47 | comments(0) | - |
      サッカー日本代表 代表27人の分析 DF編
      0

        JUGEMテーマ:サッカー日本代表

         

        サッカー日本代表 代表27人の分析 DF

        サッカー日本代表が発表されました。今回はDF編,箸いΔ海箸如考えてみようと思います。

         

        1.日本代表のDF

        日本代表のシステムでは、4バックが基本でしたが、西野監督は3バックを考えているようです。確かに3バックか変則の5バックの方が守りやすいのは事実だと思います。

         

        3バックと4バックではメンバー的に変わるような気もしますが、大方のメンバーは配置が代わるだけという印象があります。

         

        1-1.槙野(浦和レッズ)

        おそらくハリル監督のもとで最も成長した選手の1人が槙野でしょう。元々性格的にも体力的にも世界で対抗できる人材なので、期待したいと思います。

         

        4バックならセンターですし、3バックなら左側のセンターバックでしょう。どちらにしてもレギュラーとして期待できる選手だと思います。

         

        1-2.吉田(サウサンプトン)

        4バックであれば、日本DFの中心人物だといえます。3バックの場合は、長谷部をリベロの位置に下げてくるかもしれないので、右側になりそうです。

         

        どちらにしても、身長的にもほぼレギュラー確定と考えられます。日本の現状を考えると3バックでの戦いが理想的なのかもしれません。

         

        1-3.長友(ガラタサライ)

        イタリアからトルコに移籍をして、活躍をしている選手。ハリル監督からも厚い信頼を得ていたサイドバックのスペシャリストです。

         

        3バック採用時は、左サイド中盤で攻撃と守備に大活躍することになりそうです。他のメンバーとの実力差を考えてもほぼレギュラー確定の選手のひとりです。

         

        1-4.酒井(宏)(マルセイユ)

        仮に4バックで戦うのであれば、確実に右サイドバックは酒井(宏)で決定です。3バックを採用したとしても、右サイドは酒井(宏)が最有力だといえます、

         

         

        攻撃陣やボランチの人選によって酒井(宏)の役割も変わると思います。ただ、今のメンバーであれば、間違いなく23人に残るひとりと考えられます。

         

        2.日本代表DFの分析

        日本代表は決して世界的に見れば強いチームではありません。中田・中村(俊)・小野などの技術的に優れた選手がそろっても勝てませんでした。

         

        本田や香川の状態は重要ですが、やはり守備的な戦い方になるのは仕方がありません。少ないチャンスで得点をするには攻守の切り替えが重要です。

         

        酒井(宏)と長友がはいると思われる場所は重要なポジションになります。攻守の切り替えが早く、攻撃陣との連携もとれる人が適任でしょう。

         

        まとめ

        日本代表が良い試合をするには、DF陣の活躍が絶対条件になります。今回紹介をした4人はほぼ23人枠に入ると予想できます。

         

        最終的に3バックか4バックかはわかりませんが、どちらにしても守備の時間が長くなることが予想されます。

         

        | サッカー(主に日本代表) | 10:34 | comments(0) | - |
        サッカー日本代表 代表27人の分析 GK編
        0

          JUGEMテーマ:サッカー日本代表

           

          サッカー日本代表 代表27人の分析 GK

          サッカー日本代表の23人枠を決める意味でも重要なガーナ戦。西野監督のコメントから既に確定と思われる選手も複数いますが、ポジション別に分析してみます。

           

          1.日本代表のGK

          日本代表のゴールを守るGK3人選出。代表に選出された3人のことを簡単に分析してみます。

           

          1-1.川島(メス)

          おそらく当確とみて間違いない存在の日本の絶対的な守護神。ハリル監督時代からも信頼度は高く、西野監督に代わってもその地位はゆるがないと考えられます。

           

          ベテランらしく今の日本代表の中でも存在感もあります。また、守備的な試合が多くなることが予想されるので、ベテランの存在は不可欠です。

           

          1-2.東口(ガンバ大阪)

          怪我明けとはいえ、ライバル西川との争いで東口が選出されました。本来であれば、川島を追い越さなければならない存在ですが、あくまでもサブという見方になります。

           

          本来であれば、今大会から西川か東口のどちらかが、川島の後継となると予想していました。実際にここまでをみていると正直に言って世代交代は次の大会以降となりそうです。

           

          1-3.中村(柏レイソル)

          期待度の高いGKでハリル監督時代から信頼を得ている感じがします。怪我をしてしまったので、今回は見送りになるかもしれません。

           

          仮に出場が難しくても23人には入れてほしい選手です。年齢的に次回のW杯では正GKになっていてもおかしくない存在なので、期待しています。

           

          2.日本代表GKの分析

          日本代表のGK陣で世間的に言われている世代交代の失敗。他のポジションに比べて年齢の高さが目立つGKですが、今回は川島で問題ないと思います。

           

          状況的に川島中心であることは間違いありません。東口はガーナ戦に出場するかもしれませんが、あくまでもサブというのが正直な見方になります。

           

          23人枠という考え方で見るとGK3人が選出されるのですから、ほぼこの3人で間違いないということでしょう。

           

          元々GKの代表枠争いは、この3人に西川を加えた4人が基本です。この段階で、「川島」「東口」「中村」を選出したのであれば、ほぼ当確ということでしょう。

           

          まとめ

          W杯の対戦相手を考えると日本の予選突破は正直難しいといえます。本来GKがあまり活躍をするという試合は、厳しい展開ですから望まないことです。

           

          どう考えても、今回のW杯では、日本のエリア内での守勢が浮かびます。点を取らなければ勝てませんが、取られなければ負けません。

           

          世間的には批判もあるでしょうが、守備に重きをおいた陣営で問題はないと思います。

          3-5-2のフォーメーションで変則的な5バックもあるのではないでしょうか?

           

          | サッカー(主に日本代表) | 09:22 | comments(0) | - |
          サッカー日本代表発表!
          0

            JUGEMテーマ:サッカー日本代表

             

            サッカー日本代表発表!

             

            先日、サッカー日本代表の530日(水)に行われるガーナ代表との代表選手が発表されました。この選考が事実上のW杯代表選考の最終段階とも考えられます。

             

            代表に選ばれたのは、以下の選手です。

             

            GK

            川島

            東口

            中村

             

            DF

            長友

            槙野

            吉田

            酒井(宏)

            酒井(高)

            昌子

            遠藤

            植田

             

            MF

            長谷部

            青山

            本田

            香川

            山口

            原口

            宇佐美

            柴崎

            大島

            三竿

            井手口

             

            FW

            岡崎

            大迫

            武藤

            浅野

             

            上記の27名が今回選ばれたメンバーです。とりあえずメンバー的には無難なのではないかなと思います。

             

            実際に、これから明らかな新戦力を選ぶのもどうかと思うので、ハリル監督が選考したとしても数人は微妙だと思いますが、おそらく変わらないと思われます。

             

             

            中島と久保に関しては、まだ微妙な段階だと言われていますが、おそらく今回の代表には双方とも選ばれないのかなという印象があります。

             

            もちろん、乾のケガの状態によっては中島の選考もありかもしれません。世間的にも彼の実力を認めた上で、今回の選考外を驚いているようですが・・・

             

            冷静に考えると中島が活躍をしたと言っても1試合でさほどの功績という内容ではありません。ワールドカップが1年先であれば良いですが実績が少なすぎます。

             

            また、他の選手に関しても過大評価をされている選手が多くいます。特に原口や井手口などは、本田や香川と比べるとかなり現状でも厳しいのではないでしょうか?

             

            原口の運動量や井手口の若さやディフェンス力は確かに非凡だと言えます。ですが、原口のポジションから考えると得点は少ないと思います。

             

            香川や本田と比較してもここ数年の代表での得点は原口の方が、少ないのが実情です。原口は守備をできるという評価もあります。

             

            確かに彼は運動量も多く目立ちますが、果たして本当に守備がうまいでしょうか?最終予選のオーストラリア戦でのPK献上は決してほめられません。

             

            本田の守備は確かに評価しにくい面もありますが、香川に関しては決して守備ができない訳ではありません。

             

            井手口に関してもアジアが相手であれば、問題はありませんが世界水準でみれば、現状のクラブでの状態が全てだと認識できます。

             

            クラブでは、選手と監督の相性もありますが、それだけではありません。やはり井手口は次の大会で活躍を見込める選手だと思います。

             

            決して今回の代表選考は間違った方向にはむいていないと判断できます。もちろん、結果的にグループリーグでの敗退を抜け出せるとは思いませんが・・・

             

            まずは、ガーナ戦を見てどの程度の動きや戦術を考えているのかをみたいと思います。次回の更新以降で各ポジション別に考えてみます。

             

            | サッカー(主に日本代表) | 08:39 | comments(0) | - |
            今後のサッカー日本代表を考える
            0

              JUGEMテーマ:サッカー日本代表

               

              今後のサッカー日本代表を考える

               

              サッカーW杯も近くなってきました。少し早いとは思いますが、今回の大会のスッタモンダを踏まえて、今後のことを自分なりに書いてみます。

               

              現在の代表に関しては、またこの次にでも書きますが、何よりも先が心配です。W杯ロシア大会は、どのような結果になっても何も評価できない大会になります。

               

              選手の世代交代

              世間的に今回の大会でも世代交代という言葉をよく耳にします。確かに世代交代は、必要だと思っています。

               

              但し、個人的には、香川に関しては次回までは必要な存在になってほしいと思います。選手的な問題よりも精神的な面で強くなってほしいという意味です。

               

              今大会は、むしろ中心になるべき存在ですし、ベテランではありません。本田・長友・岡崎と並べられますが、世代的には別世代です。

               

              早い段階からA代表にいたので、勘違いをしている人も多いように思えます。とにかく世代交代は次の大会への大事な項目になります。

               

              監督とチームの方向性

              監督に関しては、今回の流れをみると良い監督が、引き受けてくれるのは難しいのが本音です。まぁ、当然ですよね。

               

              確かにハリル監督にも問題はあったかもしれません。ただ、親善試合の結果を評価にいれるのは、世界的に見ると「?」だと思います。

               

              世間的にハリル監督のベスト試合として、W杯アジア予選のホーム・オーストラリア戦を例にあげる人がいます。

               

              実は、個人的にはこの戦いはベストだとは思っていません。むしろ、あの試合はオーストラリアが、パスサッカーにこだわった結果とみています。

               

              以前のように縦にロングボールを入れてくるスタイルなら、結果は違うものだと思います。また、井手口が通用しないのももっと早くわかったと思います。

               

              個人的には、同じオーストラリア戦でもアウェイの戦いを評価しています。世間では、引き分けでたたかれていましたが、アウェイでの引き分けは充分な結果です。

               

              特に攻撃的な香川を出場させての引き分けは文句のない試合です。実際には、原口の不用意なファールで引き分けでしたが、実質は勝ちゲームになっています。

               

              最終的な方向性が見えない部分もありますが、どちらにしても一方向がベストです。あまり、色々な事を試すよりも、まずはひとつだと思います。

               

              | サッカー(主に日本代表) | 08:01 | comments(0) | - |
              どうなるサッカー日本代表
              0

                JUGEMテーマ:サッカー日本代表

                 

                本田の使い方がカギになりそうなサッカー日本代表

                 

                サッカーW杯が近づいてきましたが、いまだにハリル監督の代表メンバーを知りたかったという気持ちが強いですね。

                 

                とりあえず、西野監督が出来ることを考えるとある程度メンバーは、決まっていると予想できます。但し、これから新戦力というのは、厳しいのが本音だと思います。

                 

                心配なのは、数少ないDF陣の中心でもある酒井(宏)の怪我や長谷部の不調です。

                酒井(宏)は、貴重な右サイドなのでほぼ当確だと考えています。また、長谷部はキャプテンとして他に代わる人材がいないので、重要なポジションだといえます。

                 

                他のポジションでは、香川がようやく復帰をしてきたことと清武が調子を上げているようなので、柴崎と清武のどちらを選択するのかが、楽しみのひとつでもあります。

                 

                また、使い方の最も難しい存在が本田でしょう。個人的には、他の選手のことを考えると今回は、召集しないのも手だと思っています。

                 

                ハリル監督の使い方から考えても、右FWは難しいですし、トップ下も決して良いとは言えません。使えるとすれば、センターFWですが、大迫の控えで満足できるキャラだとは思えません。

                 

                個人的に心配なのは、本田や清武もそうですが、活躍している選手の戦う場所のレベルを考えると、疑問のある選手も多いのが本音だと感じています。

                 

                森岡などは、全く使えないことがわかりましたし、中島も多少は良さそうですが、少しの活躍で課題評価をしすぎの感じもあります。現時点での調子の良さは理解できますが、これまでの実績が重視されるのは間違いありません。

                 

                ただ、中島に関しては、年齢を考えても次回のことを考慮してメンバーに加えるのは、良い作戦だと思います。但し、乾と原口は必要な選手だと感じていますので、ポジションが難しいのが本音だと思います。

                 

                 

                どちらにしても、現在の状況では、とても勝てるような気がしません。本来はハリル監督の考え方を知りたかったのが本音なので、今回のW杯に関しては、期待薄というのが実際の所だと感じています。

                 

                | サッカー(主に日本代表) | 12:40 | comments(0) | - |
                春の県予選開催中(高校野球神奈川大会)
                0

                  JUGEMテーマ:高校野球

                   

                  春の選抜では、投手力に課題を残した東海大相模は、春の県大会では順当に勝ち進んでいます。

                  エース斉藤はもちろんですが、遠藤が向上戦と横浜商大戦で結果をみせたようです。

                   

                  次回の対戦は、4月28日(土)に横浜スタジアムで準決勝が行われます。

                   

                  桐光学園 対 東海大相模

                  横浜 対 鎌倉学園

                   

                  以前のような勢いがなくなった横浜ですが、順当に準決勝まで勝ち上がってきましたね。

                  寧ろ投手力だけで見ると東海大相模より優っているとも予想できます。

                   

                  ただ、今年の夏の大会は、神奈川県は2校出場できるので、順当にいけば横浜と東海大相模になりそうですが、高校野球は何がおこるかわかりませんし、両校ともこれまでのように他を圧倒する力があるようには見えません。

                   

                  今回の結果の後に夏の予選まで、どこまで投手力を向上できるかが、各チームの目標だと思います。

                  今年も夏の大会の開催が楽しみです。

                   

                   

                  | 高校野球 | 09:46 | comments(0) | - |
                  新たなる出発!
                  0

                    新たなる出発!

                     

                    このブログは、元々テストで気に始めたものでした。従って、目標とするコンテンツもなかなか定まらずにいました。

                     

                    とりあえず、息子の大学進学を機会に一段落したと思っています。そこで、今回は思い切り再スタートを考えてみました。

                     

                    当面の間は、ある程度的を絞ってやっていこうと考えています。主なコンテンツは、いくつかに絞っていますが、基本的にスポーツ関連ばかりです。

                     

                    ・サッカー日本代表

                    ・高校野球 主に地元神奈川中心と甲子園

                    ・プロ野球 主に横浜DeNAベイスターズ

                     

                    主に、上記の内容に関する内容のブログを書いていこうと思っています。とりあえず、個人的な目的やもk表はありますが、まずはスタートです。

                    | 雑談 | 08:57 | comments(0) | - |
                    | 1/1PAGES |