CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
楽天市場フリー
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
WEBライターの1日に執筆する文字数って何文字なら良いの?
0

    WEBライターの1日に執筆する文字数って何文字なら良いの?

     

    副業として人気のWEBライティングは、本当に稼げるのかという声を耳にします。答えを先に言わせてもらえば、本人次第としか答えようがありません。

     

    今回は、WEBライターの1日に執筆する文字数について考えてみます。これからWEBライティングを始めようとしている人は参考にしてください。

     

    1時間に2,000文字の強者ライター

    筆者はWEBライティングの仕事をするようになって、2年が立ちます。それまでも、アフィリエイトをやっていたので、基本的にほぼ同じようなことをしています。

     

    あるサイトで見た情報だとWEBライターの1時間の目標文字数が2,000文字と書いてありました。確かに1時間に2,000文字なら単価が1文字0.5円でもなんとか生活できます。

     

    特に調べる必要のない得意分野や雑談てきなブログ記事であれば、可能な数字ですが一般的な調べながら執筆するタイプの記事では無理な気がします。

     

    もちろん、書ける人もいるのですから、自分に力がないだけですが・・・それでも、書けるようになるとは思えません。

     

    1時間に1,000文字が精一杯!

    筆者は1時間に1,000文字が良いところです。内容によってもっと書いている気もしますが、平均を考えると冷静にみてこのくらいだと思っています。

     

    タイトルや大見出しを決めて、構成しながら解っている範囲でメモ書き程度に書いておくと後で楽になります。

     

    執筆が終わったら、コピペのチェックや誤字脱字とうの校閲もします。2,000文字の案件だと、どう考えても2時間以上かかっているような気がしています。

     

    時給換算すると単価が安いことに気がつく!

    筆者は現在、1文字0.5円〜執筆を受け付けています。実はこの金額はライターとしてはかなり格安になるようです。

     

    最初はここから手数料も引かれていましたが、最近は手数料もクライアント様に支払ってもらえるようになったので少しは上向きです。

     

    ただ、1時間に1,000文字しか書けないと時給換算しても500円です。この金額ではとても生活ができませんね。

     

    これまでは、長くお付き合いをしているクライアント様が徐々に単価を上げてくれることが多くありました。1文字2円を超えたこともあります。

     

    現在のクライアントは個人・企業を合わせて6件ですが、気がつくと全て単価が1文字0.5円でした。どうりで働いても収入が増えないわけです。

     

    アフィリエイトで頑張っているのでなんとかなっていますが、このままでは先が厳しいので、時期をみて単価を上げて頂けるクライアント様を探すしかなさそうです。

     

     

     

    | ビジネス(WEBライティング) | 17:23 | comments(0) | - |
    | 1/1PAGES |