CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
AD・VC
AD
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< サッカー日本代表 代表27人の分析 MF編 | main | サッカー日本代表 代表27人の分析 MF編 >>
サッカー日本代表 代表27人の分析 MF編
0

    JUGEMテーマ:サッカー日本代表

     

    サッカー日本代表 代表27人の分析 MF

    サッカー日本代表が発表されました。今回はMF編△箸いΔ海箸如考えてみようと思います。

     

    1.日本代表のMF

    ハリル監督は、トップ下を配置した場合には、ダブルボランチを使用しました。また、インサイドハーフに2人を並べるフォーメーションも多用しました。

     

    その場合は、アンカーのような位置に守備的な選手を起用することもありました。大抵は長谷部や山口のような守備専門の選手起用が目立っています。

     

    1-1.乾(エイバル)

    日本代表の中で最もスペインで対応できている選手です。登録はMFですが、おそらく左FWというのが最も適していると思います。

     

    個人的な意見は避けるべきかもしれません。それでも、あえて触れるのであれば、香川との共存を考えて欲しい選手の一人です。

     

    1-2.宇佐美(デュッセルドルフ)

    宇佐美も後半に来て代表の座をつかんだ感じです。以前は、ドリブルしか考えていない選手でしたが、まわりをみることができるようになりました。

     

    乾や香川との相性が良いのではないかと考えています。本田よりも右サイドでの適性があるのではないでしょうか?

     

    1-3.原口(デュッセルドルフ)

    日本代表の常連のイメージがある原口。個人的な意見を言えば、さほど活躍しているイメージはありません。

     

    確かに献身的な守備は評価します。但しFWでの起用が多いわりに得点は少ないと判断します。また、性格的に不用意なファールが多すぎます。

     

    1-4.大島(川崎フロンターレ)

    青山が離脱したとなるとかなり期待をしたボランチです。ただ、大島が代表に呼ばれても殆ど怪我で離脱のイメージしかありません。

     

    そのような状況を考えると大島中心というのは難しいと思います。やはり長谷部と山口のサブという位置づけなのでしょう。

     

    2.日本代表MFの分析

    今日のメンバーは基本的に左FWの選手とボランチです。青山が抜けたのであと3人が外れることになりますが、大島と井手口のどちらを採用するのかという感じです。

     

    またFW陣の中でも原口、宇佐美、乾を残すのであれば、浅野か本田が厳しくなります。どちらにしても、岡崎と香川は最後まで残すのではないかと思います。

     

    まとめ

    乾は絶対に日本代表に必要な選手だと感じています。実際にハリル監督も最後は呼ぶつもりだったのではないでしょうか?

     

    個人的には原口が世間的な評価よりも低い印象を感じています。得点もさほどではありませんし、守備もよく動きますが、ファールが多いイメージがあります。

     

    井手口や原口、今回召集されていない森岡などはほんのわずかな活躍です。実際に森岡ならば香川の方が守備力が上ですし、原口よりも乾や宇佐美のような気がします。

    | サッカー(主に日本代表) | 12:26 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする