CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
AD・VC
AD
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< サッカー日本代表 代表27人の分析 MF編 | main | サッカー日本代表 代表23人の予想 >>
サッカー日本代表 代表27人の分析 FW編
0

    JUGEMテーマ:サッカー日本代表

     

    サッカー日本代表 代表27人の分析 FW

    サッカー日本代表が発表されました。今回はFW編ということで、考えてみようと思います。

     

    1.日本代表のFW

    今大会での日本代表は得点力があまりないと言われています。実際に過去の代表と比べてもFWの得点力があるようには思えません。

     

    ワントップの大迫が楔の役割になっているので仕方がないですが、原口や浅野の得点力を考えるとやはり点取り屋のイメージはありません。

     

    1-1.岡崎(レスター)

    ハリル監督の時には、スタイルが合わないという理由で召集を見送られていました。個人的には右FWに関して言えば、浅野や本田よりも上の評価だと思います。

     

    献身的な守備と得点に対する臭覚は、日本代表には欠かせません。怪我に不安が残っていますが、期待できる選手だと思います。

     

    1-2.大迫(ブレーメン)

    ハリル監督時代からセンターFWとして代表の常連でした。西野監督も同様の使い方を考えているようです。

     

    これで大迫に得点力を求めるのは難しいかもしれません。個人的には、FWの評価は、得点力が大きくなるので、がんばってほしいと思います。

     

    1-3.武藤(マインツ)

    能力は高いもののハリル監督時代はなかなか召集されずにいた武藤。西野監督は評価をしているもののレギュラー争いという意味では難しい存在です。

     

    個人的にはFWとして使いたいタイプの選手ですが、何が足りないのでしょうか?少なくとも浅野や原口よりも期待できる選手だと思っています。

     

    1-4.浅野(シュツットガルト)

    浅野の特徴は、足が速いことですが、逆に言えばそれだけです。但し、タテポンサッカーにこだわるのであれば、その存在感は高くなります。

     

    現状の西野監督が描いているシステムだと浅野が残るのは難しいと判断しています。浅野に決定力があれば、確実に代表に選ばれると思います。

     

    2.日本代表FWの分析

    西野監督は3バックを練習していると報道がありました。シャドーに2人を配置する考えからこれまでの必要な人材とは異なっています。

     

    本田を試すのは、正直に言って理解できない部分もありますが、これまでの代表に比べると攻撃面を考えているのが伝わってきます。

     

    まとめ

    西野監督の求めるシステムが3バックであれば、FW4人もいりません。ただでさえ、原口や乾といったFWタイプも召集していますから多いのが本音です。

     

    誰が残るかの予想は、明日とガーナ戦次第というのが本音です。現時点では、三竿・井手口・浅野の3人が厳しいのではないかと思っています。

     

    | サッカー(主に日本代表) | 08:53 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする