CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
AD・VC
AD
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< サッカー日本代表 代表メンバー ポジション別序列やその他の感想 | main | ロシアW杯 サッカー日本代表発表 >>
サッカー日本代表 ガーナ戦の寸評と感想
0

    JUGEMテーマ:サッカー日本代表

     

    サッカー日本代表 ガーナ戦の寸評と感想

    2018530日(水)サッカー日本代表は、ガーナ代表との試合を行いました。結果は、日本代表02ガーナ代表となっています。

     

    1.サッカー日本代表

    今回のガーナ戦に選出されたサッカー日本代表は以下の通りです。

     

    1-1.日本代表ガーナ戦メンバー

    GK

    1川島(メス)

    12東口(ガンバ大阪)

    23中村(柏レイソル)

    DF

    5長友(ガラタサライ)

    20槙野(浦和レッズ)

    22吉田(サウサンプトン)

    19酒井(宏)(マルセイユ)

    21酒井(高)(ハンブルガー)

    3昌子(鹿島アントラーズ)

    2遠藤(浦和レッズ)

    24植田(鹿島アントラーズ)

    MF

    17長谷部(フランクフルト)

    4本田(パチューカ)

    14乾(エイバル)

    10香川(ドルトムント)

    16山口(セレッソ大阪)

    8原口(デュッセルドルフ)

    11宇佐美(デュッセルドルフ)

    7柴崎(ヘタフェ)

    18大島(川崎フロンターレ)

    26三竿(鹿島アントラーズ)

    27井手口(レオネサ)

    FW

    9岡崎(レスター)

    15大迫(ブレーメン)

    13武藤(マインツ)

    25浅野(ハノーファ)

     

    1-2.各選手と寸評(10点満点)

    GK

    1川島(メス)4.5

    PKでの2失点はGKとしての印象は悪くなりますが、GKだけの責任という失点ではありません。存在的に他のメンバーと比べるとまだレギュラーだと思います。

     

    12東口(ガンバ大阪)出場なし

    東口はメンバーに選ばれてはいるものの川島との差はいまだにかなりあると思います。他にいないからというのが正直な印象になります。

     

    23中村(柏レイソル)出場なし

    第三枠の存在なので、次回のW杯に期待する人材だと思います。現状の日本の立ち位置は世界レベルでは、守備が中心になるので、GKの育成は重要です。

     

    DF

    5長友(ガラタサライ)6.5

    攻守にわたり存在感のある選手でスタミナも申し分ない。左WBでも左SBでも長友の存在は欠かせないことが、浮き彫りになりました。

     

    20槙野(浦和レッズ)4.5

    不慣れな代表での3バック。やはりフィジカルが強いといっても相手はアフリカ勢なので、そうは簡単にいかないと思います。

     

    22吉田(サウサンプトン)5.0

    長谷部よりも中央にいるべき存在ではないでしょうか?イギリスでの経験は、他の日本代表と比べても充分な経験だと思います。

     

    19酒井(宏)(マルセイユ)出場なし

    怪我か体調が悪いかだと思うが、今の右サイドは間違いなく酒井(宏)です。WBでもSBでも間違いなくレギュラーになると思います。

     

    21酒井(高)(ハンブルガー)4.5

    いつもと同様の感じがしました。左右どちらもこなせますが、右の酒井(宏)や左の長友と比べてしまうと差が歴然です。

     

    3昌子(鹿島アントラーズ)出場せず

    出番はなかったものの吉田や槙野のことを考えるとサブとして必要な人材。W杯での出場は微妙だと思いますが、安定感のある守備は状況によってポイントになるかもしれません。

     

    2遠藤(浦和レッズ)出場せず

    良く言えば、どこでもこなせる器用な選手。悪く言えば、どこをやってもスペシャルには慣れない存在です。

     

    24植田(鹿島アントラーズ)出場せず

    システム次第だと思いますが、落選する3人に入るかどうかの瀬戸際です。人数的な面もありますが、ボーダーラインという感じだと思います。

     

    MF

    17長谷部(フランクフルト)4.0

    クラブチームでは、経験しているとは言っても代表での経験は皆無。修正が可能かは別として、ガーナ戦では、DF陣の中で最も悪かった印象です。

     

    4本田(パチューカ)4.5

    やはりこの選手は、シャドーは難しいと思います。使うのであれば、大迫のサブとしての存在が最も適任かもしれません。

     

    14乾(エイバル)出場せず

    怪我で出場しなかった乾ですが、万全であれば、宇佐美や本田よりもサイドで活躍しそうな気配です。香川との相性も悪くないので、試してほしい組み合わせだと思います。

     

    10香川(ドルトムント)5.5

    得点こそ決められませんでしたが、シャドーとしての役割は果たしていました。少なくとも宇佐美や本田と比べるとかなり香川に良さが見えたと思います。

     

    16山口(セレッソ大阪)4.0

    代表のボランチとして定着していますが、果たして信頼度は如何かと思います。確かにアジアレベルでは通用しましたが、相変わらず気になる横パスが目立ちます。

     

    8原口(デュッセルドルフ)5.0

    慣れないポジションなので、少し甘めですが、原口は過大評価されている感じがあります。左サイドの方が良いのは事実ですが、長友を超えるとは思えません。

     

    11宇佐美(デュッセルドルフ)5.0

    西野監督の弟子だけに使用したい気持ちはわかります。個人的には、明らかに香川との差があるように思いました。

     

    7柴崎(ヘタフェ)6.0

    攻撃的にも守備的にも対応できる選手で、以前から代表にあっている選手だと書いてきまいた。香川や大迫との相性がもっとよくなれば、かなり期待が持てる存在になります。

     

    18大島(川崎フロンターレ)5.0

    比較的評価をされている大島ですが、実際にW杯となると疑問です。井手口はアジアでは通用しましたが、世界ではまだまだでした。

     

    26三竿(鹿島アントラーズ)出場なし

    今回召集はされましたが、厳しい状況だと思います。今回の外れる3人の1人になる可能性が大きいと思います。

     

    27井手口(レオネサ)4.5

    思った以上に試合勘がありませんでしたね。元々個人的に世間で言うほど井手口を評価していないので、この程度だと思います。

     

    FW

    9岡崎(レスター)4.5

    献身的な運動量は認めますが、もし使うのであれば、右WBや右WGがベストかと思います。現状ではかなり微妙な立ち位置だと思います。

     

    15大迫(ブレーメン)4.5

    今回は決して良くなかったのですが、本田との相性が悪いような気がします。大迫と2人のシャドーならば、大迫・香川・乾の方が魅力的な攻撃ができると思います。

     

    13武藤(マインツ)4.5

    実力はありますが、結果が伴わないのが武藤の厳しいところです。本来であれば、本田に変えて大迫のサブに適任のような気がします。

     

    25浅野(ハノーファ)出場なし

    浅野の魅力は脚力だと世間的に言われていますが、さほど脅威になるとは思えません。

    試合に出なかったのは、落選だからなのか、当確だからなのかどちらでしょうか。

     

    2.代表23人と今後の課題

    これまでの日本代表は、攻撃陣が問題視されていましたが、守備陣の方が問題です。特に長谷部の状態が良くないと思っています。

     

    また、人数はそろっていますが、ボランチに当確と言えるレベルの選手が柴崎くらいしかいません。大島や井手口はかなり危険ですし、山口は調子悪そうです。

     

    最終的に西野監督がどのシステムにするかによっても変わると思いますが、個人的には、本田や香川は無難に当確だと思っています。彼らを外すなら長谷部も完全にアウトです。

     
    まとめ

    これからコロンビア戦に向けて調子を上げていく香川と今がMAXの本田と宇佐美。

    宇佐美を起用するなら、本田は外すべきです。

     

    実際に本田を使うとすれば、右WBは原口よりも酒井(宏)が良いのではないでしょうか?

    どちらにしても本日16:00に発表です。

     

    | サッカー(主に日本代表) | 13:33 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする