CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
AD・VC
AD
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< 麻雀にもプロリーグが誕生!eスポーツ進出も検討! | main | コカコーラクリアを飲んで感じたこと! >>
夏の暑さが異常な状態で高校野球は大丈夫なのか?
0

    夏の暑さが異常な状態で高校野球は大丈夫なのか?

    毎年のように気温の上昇が問題になっていますが、今年は特に猛暑日が続いています。各地で熱中症により病院に搬送されているというニュースが当たり前になっている現状です。

     

    各地で熱戦が繰り広げられている高校野球も今年の夏は100回記念大会です。もちろん試合を楽しみにしているファンも多いと思いますが、選手の健康管理は大丈夫なのでしょうか?

     

    県予選の状況を見ていると・・・

    地方予選がテレビで放送されているので観ていると何となく例年と違うことに気が付きました。なんだか選手の多くが脚をつっている状況をみかけます。

     

    特に投手や戦力的に劣るチームに見られる光景のようですが、一般の人よりも鍛えている高校球児でさえ脚がつってしまう気温です。

     

    自分の経験から考えると・・・

    私も学生のころは野球で投手をやっていたのでわかりますが、暑さは尋常ではありません。特に人工芝球場ともなるとマウンド付近の温度は高くなります。

     

    当然脱水気味になるので、水分補給は多めになりますが、それでも足りませんでした。当時でもそのような状態なのですから、現在の高校球児の環境を考えると脚がつるのも当然なのかと感じています。

     

    高校球児を熱中症から守るには・・

    高校球児を熱中症から守るには、水分補給は当然のことです。他に考えると球場の問題と守備時の時間も関係あるのではないでしょうか?

     

    理想的な休場はドーム型にして空調をよくすれば問題はありませんが、各都道府県での実現を考えると現実的ではありません。

     

    野球場の形態にも問題があると思います。多くの野球場はすり鉢状の形態になっているので、風が通りませんので気温が高くなるのは当然です。

     

    球場の形態を変えるというのも実際に考えると厳しいというのが本音です。となると、野球のルールをどこかで考えるしかありません。

     

    野球はサッカーやラグビーと異なりイニング制なので、攻撃時はベンチ内で水分補給や休憩が可能になります。但し実力差のある高校だと弱いチームは守備時間が長く、攻撃時間が短くなるのが一般的です。

     

    長い時間炎天下の中での守備は、精神的にも体力的にもかなり疲労していきます。具体的にはわかりませんが、守備時間が15分以上の時は1次的に水分補給を認めるようなルールがあっても良いのではないでしょうか?

     

    確かに試合の流れがありますから、攻撃側にとっては歓迎できるルールではありません。それでも、実際に試合をしている選手のことを考えると安全第一で考えても良いと思います。

    | スポーツ(野球) | 10:33 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする