CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
AD・VC
AD
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< 客商売は大変なのはわかるが、対応の仕方って大事です。 | main | WEBライティングの仕事はどのくらいの単価が目標か? >>
夏の甲子園で予選敗退ながらも注目をしたい選手!
0

    夏の甲子園で予選敗退ながらも注目をしたい選手!

    8月になると100回目を迎える高校野球夏の甲子園大会が始まります。今年は記念大会なので地域によっては、2校出場しているので更に盛り上がると思います。

     

    今回は甲子園に出場はできなかったものの今後楽しみな逸材を紹介。既に知られている選手だとは思いますが、それでも注目をしたい選手たちです。

     

    将来はプロ野球でも通用する逸材は多い

    高校野球の場合はどうしてもメディアで注目をされている選手ばかりに目がいきますし、チームの中心的な存在になりやすい投手が注目されることが多くなります。

     

    一見地味な存在でも高校野球のレベルで考えれば将来性がある選手も少なくありません。

    今回紹介をする選手は既に有名な選手には違いはありませんが、今夏に甲子園で観たかった選手を紹介しています。

     

    忍者のような機敏な動きは将来性も高い守備力

    1人目の選手は、東海大菅生(西東京)の遊撃手・田中幹也(3年)です。小柄ながら打撃も先頭打者として充分な活躍をみせていました。

     

    特筆すべきは、守備の力です。特に守備範囲の広さと送球の良さは甲子園のグラウンドでもう一度観てみたかった選手のひとりです。

     

    落合・清原級の打撃センスの1年生

    2人目は、東海大相模(北神奈川)の西川僚祐(1年)です。この夏の東海大相模は強敵横浜高校とは別ブロックだったので北神奈川代表候補の筆頭でしたが、惜しくも準決勝で敗退。

     

    敗れた慶応戦でも、苦戦して打線の中で代打なららしっかり相手投手の球をとらえたセンスは本物です。長打力があり身体も大きいのですが、野球センスがかなり高いので今後は更に期待ができる選手だと思います。

     

    相棒の陰に隠れているがセンス抜群の二塁手

    3人目の選手は、東海大相模(北神奈川)の山田拓也(3年)です。東海大相模には小松という絶対的な主将がいるので、山田はあまり目立ちませんが、守備力も打撃力も小松以上だと感じています。

     

    気迫あふれる選手の小松と一見冷静な山田との相性は抜群ですが、投手が嫌がるという意味では、むしろ小松よりも合わせてくる山田なのではないかと思います。

     

    まとめ

    今回紹介をした中で、田中と山田に関しては、プロよりも大学でしっかり4年間鍛えれば将来はプロでの活躍は間違いないと思います。

     

    西川に関しては、まだ1年なので何とも言えませんが、将来の東海大相模の4番打者の中でも記憶に残るような強打者になると感じています。

    | スポーツ(野球) | 10:35 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする