CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
AD・VC
AD
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< 夏の甲子園で予選敗退ながらも注目をしたい選手! | main | 高校野球の試合時間や給水の考え方! >>
WEBライティングの仕事はどのくらいの単価が目標か?
0

    WEBライティングの仕事はどのくらいの単価が目標か?

    今回は筆者が実際に行っているライティングの仕事やアフィリエイトの仕事の中からライティングの仕事に関する話題を書いてみようと思います。

     

    とりあえず、これからWEBライティングを始める人の参考になるかはわかりませんが、比較的リアルな内容になるので、誰でもできます的な話は初めからありません。

     

    なんでWEBライティングを始めたのか

    元々は会社員をやめてアフィリエイターとして活動をしていたのですが、安定感を求める為にWEBライティングの仕事も行うようになりました。

     

    アフィリエイトの世界はあたりはずれが多く、安定感が望めません。個人的に全て手作りサイトの物販タイプなので、サイトを公開してから売れるまでの期間などを考えると軌道に乗せるまでが大変です。

     

    そこで、文章を書けば収入になるということでWEBライティングをやってみようと思いました。はじめはよくわからなかったので、ネットで調べて安全なところをスタートラインにしました。

     

    1文字0.2円では生活できません

    某お小遣いサイトやライティング専用のクラウドサービスなどを利用したライティングの殆どが1000文字換算にすると200円程度の内容が多くなっていました。

     

    それもさっさと書かないと他の人にどんどんとられてしまうので、日によっては書けるジャンルが少なくなるケースも多々あります。このような時は仕方がないので、時間をかけてじっくりと書くのですが、より効率は悪くなっていきます。

     

    いくつかのジャンルの執筆をしていると、徐々に検索サイトを少し利用しただけでオリジナルの文章を書く力が備わってきます。そこで、いよいよ本格的にライティングの世界で収入を考えていこうと考えました。

     

    1文字0.5円の仕事が主流なの

    ライティングのクラウド系で有名な2サイトに登録をして考えようということで、大手と言われる「ランサーズ」「クラウドワークス」の2社に登録をしました。

     

    登録をしてからはじめのころは、仕組みの把握や仕事の流れなどを理解するのに時間がかかりましたが、「タスク」「プロジェクト」「コンペ」の使い方も理解できました。

     

    はじめのころは、プロジェクト形式に不安もあるので、タスクタイプの仕事を淡々とこなすことからはじめました。タスク管理の仕事は、単価も低いので、容易に執筆できますが、少なくともこれだけで生活ができるレベルにはなりません。

     

    そこで徐々にプロジェクトタイプの仕事に応募をするようになりました。はじめは1人の契約を終わらせてから次の契約を結ぶまでの間は、タスク管理の仕事で何とかつないでいました。

     

    しばらく、このような状況を繰り返しているうちに、徐々に自分でスケジュールを組めるようになりましたし、クライアント様の方から継続での依頼が増えてくるとようやく軌道にのった感じになりました。

     

    ただ1000文字500円程度の仕事が多く現実で考えるとアフィリエイトの報酬に頼るのが本音の状態が続いています。

     

    1文字1円以上からが本当の勝負

    継続をしているクライアント様の中には単価を向上してくれる方も稀にいます。

    そのクライアント様とは半年以上のおつきあいになりましたが、はじめは0.5円程度からスタートをして、最終的には1文字2.5円まで上げて下さいました。

     

    もちろん、クライアント様にもメリットがあればということなので、こちらもありがたく報酬をあげてもらいました。こうなるとこのクライアント様を中心に足りない分を補足していけばと思うのですが、やはりいつまでも仕事はありません。

     

    サイトが完全に完成したので、高単価のクライアント様の依頼はほぼなくなりました。また1文字0.5円からのスタートです。ちなみに1000文字500円で1日に8000文字の執筆が可能なライターであれば、日給4000円です。

     

    月に10万円程度までならば、このくらいでも不可能ではないと考えられます。もちろん、これだとアフィリエイトサイトは手が付けられなくなりますが・・・

     

    本当に差のある世界だと実感

    WEBライティングの世界は本当に差があるのが本音です。一定ラインを超えれば、それなりに収入が期待できるようになりますが、最低でも1文字1円クラスの記事を書くようにならないと生活は考えられません。

     

    実際に筆者もまだまだこれから、ライティングもアフィリエイトも勉強をしなくてはいけないことがたくさんあるはずです。いつか、仕事を断れるくらい執筆依頼を受けてみたいものです。

     

    | ビジネス(WEBライティング) | 20:51 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする