CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
楽天市場フリー
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< WEBライティングの仕事で特に注意をする3つのポイント! | main | WEBライティングの上達方法と単価の関係とは? >>
WEBライターになるには資格は必要なのか?どんな資格が必要なのか?
0

    WEBライターになるには資格は必要なのか?どんな資格が必要なのか?

     

    WEBライティングは、がんばった分だけ収入につながると言われています。やはり堅実なことが人気の秘密なのだと思います。

     

    今回は、「WEBライターになるには資格が必要なのか?」という疑問をよく見るので筆者なりの考えを書いてみようと思います。

     

    WEBライターになるには資格が必要なのか?

    いきなり答えから書きますが、WEBライターになるには資格は特に必要ありません。確かに民間資格でWEBライターの資格試験があるようですが、必須の資格は存在しません。

     

    WEBライターの資格は複数あるので一概には言えませんが、全く勉強にならないかと言えばそんなことはないと思います。ただし、個人的にオススメをする訳ではありません。

     

    実際に筆者もWEBライターの資格は、取得していませんし今後も取るつもりはありませんもちろん、国家資格で何か登場すれば検討することもあると思います。

     

    WEBライターに必要な要素とは?

    WEBライターになるには資格は必要ありませんが、必要な要素や性格などはあります。「経験」「実績」「営業力」はとても重要なことだと思います。

     

    ここには、あえて文章を書くことは書いていません。WEBライターなのですから、どのような文章が必要とされているかは当然理解しておくべきです。

     

    「経験」は、数をこなすしかありませんので時間はかかると思います。単価に関わらず1記事を大事に書くことをオススメします。

     

    ネットの情報などを見ると多くの数をこなすことをすすめるライター様もいますが、個人的にははじめから報酬を考えるのはいかがなものかと思います。

     

    もちろん、常識から外れた単価での依頼ははじめから受ける必要はありません。いくら未経験でも1,000文字書いて100円にもならないような依頼は断りましょう。

     

    「実績」は、タスクよりもプロジェクト系に多くなりますが、様々なクライアントやジャンルを経験することで実績がつくれます。経験と別にしているのは、実績と経験は異なるからです。

     

    WEBライターを続けていれば、「経験」は積むことができます。実際にクライアントに評価をされることが、「実績」につながります。

     

    似ているようでこの2つの違いを意識できるかどうかは、ライターとして重要なポイントになると思います。

     

    「営業力」は、クライアントとの付き合い方になります。クライアントと良い関係を築ければ報酬面だけでなく、様々な面で良い方向に向かいます。

     

    目先の報酬以外にも人脈を手に入れることは、将来に向けた大きな財産になります。もちろん、単価をあげる交渉のときも日頃からの付き合い方で大きく異なる結果になります。

     

    WEBライティングに必要な資格とは?

    WEBライターになるには、特に資格は必要ないと説明しましたが、資格を得ることでライターとしての信頼度が大きく変わることはあります。

     

    特に医療関係の資格や法律・税務の資格を持っていると特殊な記事が依頼されるので報酬も実績も大きく他のライターと差をつけられます。

     

    またアフィリエイトで人気のあるジャンルの執筆ができると依頼が多くなると思います。クライアントの中にはあきからにアフィリエイトを意識した方も多いのが現実です。

     

    美容やサプリメントなどがこれまでは人気でしたが、毎年人気になるジャンルは異なるので日頃からチェックをするのもライターの仕事になります。

     

     

    | ビジネス(WEBライティング) | 13:30 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする