CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
楽天市場フリー
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< 2019年度 桜花賞 グランアレグリアの勝利! | main | WEBライティングの単価とバランスを考えてみよう! >>
WEBライティングの単価UPのタイミングとは?
0

    WEBライティングの単価UPのタイミングとは?

     

    WEBライターの仕事は文字単価で実力や報酬を想像できるが、1文字単価だけではなかなか難しい部分もあります。記事のジャンルによって執筆する時間が大きくことなるからです。

     

    今回は、WEBライターの文字単価や報酬UPのことを説明します。WEBライティング初心者の方は、参考にしてもらえると幸いです。

     

    一番の理想はクライアントからの単価UP

    WEBライターの仕事をしていて一番嬉しいパターンは、特に仕事の要望が増えるわけでもないのに文字単価が上がることです。

     

    筆者の経験では、スタートが1文字0.5円のクライアントが半年後には2.0円まで値上がりしていました。2000文字程度のライティングでしたが、1記事2時間〜3時間程度でした。

     

    このようにクライアントが好意で単価を上げてくれて、更に特に要望も厳しくならないパターンが一番とだと思います。さすがにこのレアなケースは、1回だけです。

     

    大抵は、クライアントから値上げをすることすら少ないのが本音です。仮にクライアントが値上げに応じたとしても、要望を増やすことも考えられます。

     

    こちらからの単価UPの交渉術とは?

    WEBライターにとって、文字単価はとても重要です。1文字0.5円と0.6円では0.1円しか違いませんが、2000文字なら200円も違います。

     

    もっとわかりやすく考えると、1時間に1000文字のライターなら1文字0.5円なら時給500円ですが、1文字0.6円なら時給600円になります。

     

    アルバイトのことを考えると時給100円の違いは、じわじわと響いてきます。1日に6000文字のライターなら1日に600円差がでます。

     

    仮に1ヶ月20日稼働したら12,000円も報酬額に違いが出てしまいます。従ってたかが0.1円と考えずに報酬単価は慎重に考える必要があります。

     

    文字単価だけでなく1時間単価を算出しよう!

    文字単価が上がって喜ぶWEBライターは多いと思いますが、場合によってマイナスになってしまうこともあります。

     

    値上げに応じたもののそれまでは修正がなかったクライアントが、やたらと修正依頼をよこすようになることがあります。

     

    1文字0.5円が1文字1.0円になったのであれば、納得できますが1文字0.6円程度の額で修正を何度もおこなっているのでは、金銭的にも精神的にも良くありません。

     

    文字単価を交渉するときは、時給換算だけでなく執筆の作業内容や修正のことまで詳しく決めることをオススメします。

     

    また、得意ジャンルであれば1時間に執筆できる文字数も多くなると思いますので、できるだけ得意ジャンルの執筆を引き受けるように営業をしましょう。

    | ビジネス(WEBライティング) | 14:04 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする