CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
楽天市場フリー
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< WEBライティングの単価UPのタイミングとは? | main | 国の教育ローンの審査に通りました!なんとか学費が払えます! >>
WEBライティングの単価とバランスを考えてみよう!
0

    WEBライティングの単価とバランスを考えてみよう!

     

    WEBライターの悩みのひとつは、記事の依頼に関することも当然ですが、やはり報酬金額になるのではないでしょうか?特にある程度の経験を積むと考えてしまいます。

     

    今回は、WEBライターの悩みでもある報酬単価のことについて変わった角度から考えてみます。報酬単価を決めるときの参考になればと思います。

     

    クライアントの意見だと様々な考え方がある!

    筆者の長くお付き合いのあるクライアント様に少々お話を伺ってみました。クライアント様は、個人のアフィリエイター・趣味でサイト運営をされている方・企業など様々です。

     

    まず、企業や店舗のクライアント様の場合は、自社ブログやコラムの記事が多いので、それなりの品質を求めている傾向があります。

     

    また、報酬額の上限は決まっているようですが、ある程度の実績をつくれば単価を上げる交渉も楽にOKしてくれるケースが多くなっています。

     

    趣味でホームページやブログの記事を依頼してくれるクライアント様は、比較的経済的にもゆとりがある方が多いようです。

     

    報酬単価もクライアント様の方であげてくださることも多くなっています。これまでの筆者の報酬単価を見ると上位のクライアント様は皆さん、同じような環境です。

     

    一番、報酬に関して線引きが難しいのが、個人のアフィリエイターだと思います。特に、サイトの立ち上げ時に相談されると基本的にマイナススタートになるからです。

     

    クライアントの報酬額でキーポイントになる金額が、1文字0.5円あたりのようです。1文字0.7円となるとそれなりにゆとりのあるクライアントになります。

     

    クライアントとの調整の考え方!

    筆者は、基本的に執筆が一定の文字数を超えた段階で値上げ交渉をしています。ただ、他のライターに比べるとスタートラインが低いので薄利多売になっているのが本音です。

     

    もちろん、その分できるだけ修正等はなしの方向で進めさせていただいています。

    次の記事からの要望は聞いていますが・・・

     

    どちらにしてもクライアントの金額もさまざまになります。自分の実力や依頼状況で考えていく必要があります。

     

    筆者のスタイルは、安定+出来高の考え方!

    筆者のライティングは、比較的単価をおさえて安定収入と考えています。津即その分をアフィリエイトでまかなう考え方です。

     

    アフィリエイトも時間をかけて頑張ればなんとかはなりますが、計算できるような仕事ではありません

     

    アフィリエイトだけの人生には戻りたくありません。

    そのためにももう少しだけ報酬UPの交渉を続けていこうと考えています。

     

     

    | ビジネス(WEBライティング) | 10:56 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする