CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
楽天市場フリー
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< 筆者が実際におこなったアフィリエイトで成功をするポイント! | main | WEBライターの独り言・・・値上げしないと難しいのか??? >>
WEBライティング クライアントから長期契約を結ぶポイント
0

    WEBライティング クライアントから長期契約を結ぶポイント

     

    WEBライターとして多くの実績を残したわけではないのですが、それなりに複数のクライアント様と長期契約となっています。単に単価が安いだけかもしれませんが・・・

     

    特にこれといったことをしている訳ではありませんが、仕事として考えるだけで自然にこうなるのではと思っています。とりあえず興味のある方は読んでみて欲しいと思います。

     

    せっかくの依頼が1回だけで終わっているライターの特徴

    「クラウドワークス」や「ランサーズ」などにライターとして登録していれば、実績はともかくライターとして名乗れます。

     

    実際筆者のようなレベルでも「認定ランサー」になれるくらいですから、よっぽど多くの人が認定ランサーなのだと思ったりもしています。

     

    WEBライターを始めたころは、ひたすらタスク作業で自分のできる執筆をこなしていました。承認されてはいるもののなんとなく過ごしていた毎日を思い出します。

     

    確か、1日に何文字とか報酬額の目標というイメージで毎日必至にライティングをした記憶があります。

     

    あるとき、タスクから長期案件への依頼の可能性がある仕事で、「指定文字数では伝えたい情報が伝わらないのでは?」とクライアント様に問い合わせをしました。

     

    実際に数百文字で本当に読者に伝えられるのかと疑問に思っただけの行動でした。クライアント様からの言葉は、指定文字よりも長い文字数で書いてみて欲しいとの依頼です。

     

    これが、筆者の最初の長期案件につながるクライアント様とのやりとりでした。疑問点は、素直に聞いてみるのも良い物だと思いながら執筆をしました。

     

    長期契約は報酬単価だけの問題ではない!

    契約内容は、2000文字で800円ということでしたから1文字0.4円です。当時の筆者としては、決して悪い単価ではありませんでした。

     

    この案件をもくもくとこなすようになってからは、1日に「いくら」「何文字」という感覚はなくなりました。とにかく認められる内容を執筆するために仕事のパターンを変えました。

     

    何記事がこなしていると、1文字単価が0.5円に上がりました。特にお願いをした訳ではないので、筆者としては喜びながらも何か不安もあります。

     

    報酬単価が上がると依頼される内容も大変になるのでは?もという疑問です。ところが、今まで通りで問題ないのことでした。

     

    その後も、少しずつではあるものの文字単価が上がっていきました。最後の方の依頼のときは、1文字2.0円になっていたのを記憶しています。

     

    1文字2.0円はさすがに筆者の最高額ですし、それ以後達成できていない数字です。本当に良いクライアント様に恵まれたと思いました。

     

    現在、依頼を続けているクライアントの多くは長期案件やまだ期間は短い物のまとまった案件の継続です。おそらく単価が低いという理由もあると思います。

     

    ただ、報酬単価が安いだけが魅力ではないような感じもしています。相手に余力があるだけなのかもしれませんが・・・

     

    どちらにしても、報酬単価が安いだけが理由ではないことに気がついたことは、今後の執筆活動にも影響しそうです。

     

    クライアントの心理になって考えるライターを目指そう!

    執筆の依頼を受けると書籍やインターネットでの調査や確認をするのは、ライターのほとんどの人がおこなっていると思います。校閲も特に問題はないでしょう。

     

    クライアントの依頼に対して、言われたことをそのまま執筆すると大抵の評価が、普通のレベルになります。「ありがとうございました。またお願いします。」という言葉です。

     

    この言葉のときは、なかなか次の依頼がありません。まぁ、社交辞令のようなものなのではないでしょうか・・・

     

    長期案件につながるクライアント様の多くは、必ずといって良いほど丁寧にコメントやメッセージを残していただけます。

     

    後から振り返ると、大抵こちらから提案を出して、クライアント様と相談をすすめてからの執筆というケースが多いと感じました。

     

    提案が良いというよりも相手の依頼内容の目的を詳しく理解することが、先々の結果に影響するのは間違いないようです。

     

    | ビジネス(WEBライティング) | 08:58 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする