CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
楽天市場フリー
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< WEBライターの独り言!5月は少し執筆ペースをUPする! | main | WEBライターの独り言 ランサーズを利用している正直な意見! >>
WEBライターは文章力よりもコミュニケーション能力が必要!?
0

    WEBライターは文章力よりもコミュニケーション能力が必要!?

     

    WEBライターとして多くのクライアントと仕事をしていると色々と考えることがあります。はじめの頃は、多くの知識や文章力を鍛えることばかり考えていました。

     

    今回は、WEBライターは文章力よりもコミュニケーション能力が重要!について説明していきます。もちろん最低限の文章能力があることを前提にすすめていきます。

     

    クライアントの考えていることが理解できる流れをつくる!

    仕事の流れは、クライアントによって多少違いますが、最も違うのはクライアント中心かライター中心かということです。

     

    筆者はこれまでにアフィリエイトで生計をたてていたことをはじめから言うことはありません。あくまでも筆者から提案する案件などのさいに便宜上やりとりの中で伝える程度です。

     

    基本的にクライアントには、完全にマニュアルに沿った文章を依頼するタイプとほとんど丸投げのタイプにわかれます。企業や個人にかかわらず本当に様々です。

     

    中にはクライアントの方が専門的なのではと思うような依頼を丸投げされることもあります。もちろんそのようなときは、色々と質問をしながら距離を近くしていきます。

     

    実際に執筆をしてから「イメージと違う」と言われると始めに指示をして欲しいと言いたくなる気持ちはありますが、クライアントの中にはそのような人は結構います。

     

    記事の方向性や内容が明確になっていない場合は、きちんと質問をするのがライターとしての行動のポイントだと思います。

     

    クライアントとの信頼関係は、記事以外のコミュニケーションでもうまれる!

    クライアントとの信頼関係は、良い記事を納品することが理由になることもありますが、何よりも日頃からの接し方が重要になります。

     

    仕事のことだけの関係も良いですが、多少は世間話をメッセージでおこなうことも一つの信頼関係をつくる方法になります。

     

    日頃からのやりとりから相手との信頼関係をつかむのは、ビジネス的にはさほど珍しいことではありません。

     

    クライアントの指示通りに執筆するのが、本当のWEBライターではない。

    ライティングをするときにクライアントの様々な指示があるケースも少なくありません。そのまま指示通りに執筆するのも決して悪くありません。

     

    ただ、自分の経験や考え方を提案するのもライターとして信頼をえるポイントになります。もちろん提案する内容や方法も重要になります。

     

    クライアントの提案する方向性に意見を言うのは失礼だと思っているのは間違いです。お互いに良い記事をつくろうと思って入れば、提案をするのは決して不思議なことではありません。

     

    | ビジネス(WEBライティング) | 15:12 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする