CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
楽天市場フリー
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< SEOの考え方とWEBライターの役割の難しさ | main | WEBライターの睡眠時間??本来7時間は必要らしい!! >>
WEBライターのモチベーション維持の工夫とポイント!
0

    WEBライターのモチベーション維持の工夫とポイント!

     

    WEBライターの仕事は、基本的に単調な仕事内容になります。個人事業主の場合は、拘束時間がないので時間の調整も難しくなります。

     

    今回は、筆者が普段から意識をしているモチベーションの維持に関する説明をしていきます。個人でWEBライターをはじめたばかりの人は参考にしてもらえればと思います。

     

    WEBライターの仕事は、モチベーションの維持と効率が重要!

    WEBライターの仕事は、クライアントの意向する記事を執筆することです。記事に必要な調査や校閲など基本的に執筆以外におこなうことも同様の内容になります。

     

    連休などのあとは、まず仕事に対するモチベーションを上げる必要があります。持続的なモチベーションの維持が、最も効率良く仕事ができる状態だと考えています。

     

    無理な計画はモチベーション維持には向かない!

    納期に遅れることは絶対に避けることなので、事前に多めに日にちを確保しておくのもひとつの考え方だと思っています。不思議なことに心にゆとりがあると品質も高くなります。

     

    クライアントの希望に応えたいためにギリギリの日程で仕事を受けてしまうと焦りから品質の維持も難しくなりますし、精神的な疲れもたまっていきます。

     

    結果的に今回の仕事を無事に終えたとしてもモチベーションが下がっていると次の仕事に移ることが難しくなります。

     

    WEBライターの仕事を長く続けるのであれば、納期が無理だと判断したときは、断るか待ってもらうかの二択になります。

     

    確かに早い作業は、クライアントの信頼を得るには良い方法です。ただ、短期間だけの信頼では意味がありません。

     

    ポモドーロテクニックを利用してみよう!

    モチベーションの向上や集中力を高くするためには、様々な工夫をすることも大切です。個人的に「ポモドーロテクニック」をオススメします。

     

    個人差があるので、ある程度アレンジを加えても良いですが基本はあまり変えずに実行することをオススメします。

     

    基本パターンもいくつかの種類があるようですが、個人的に気に入っているのが以下のパターンです。

     

    1 25分間 仕事

    2 5分間 休憩

    3 25分間 仕事

    4 5分間 休憩

    5 25分間 仕事

    6 5分間 休憩

    7 25分間 仕事

    8 15分間 休憩

     

    このパターンの繰り返しです。25分間になったら例え仕事の途中でも休憩をするようにしてください。25分間の集中と終わっていない仕事への強い気持ちが出るのが特徴です。

     

    早く終わらせたいという集中力も高くなりますし、仕事途中での休憩は仕事に戻りたいという気持ちを高める効果があります。

     

    他にも色々な方法があると思いますので、個々の判断で試してみるのも良いと思います。最善の方法は常に進化しますので、自分にある方法を探してみましょう。

    | ビジネス(WEBライティング) | 13:52 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする