CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
楽天市場フリー
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< 2019年 高校野球 秋季神奈川大会 準々決勝 追記です! | main | アフィリエイト初心者講座!成功する人と失敗する人の特徴とは? >>
WEBライティングは、執筆内容と報酬のバランスが重要なポイント!
0

    WEBライティングは、執筆内容と報酬のバランスが重要なポイント!

    WEBライティングの報酬や文字単価のことをインターネットで調べると多くのWEBライターの方が、1文字1.0円未満の仕事は受けないことをすすめています。

     

    今回は、WEBライターの執筆内容と報酬のバランスについて初心者向けに説明をしていきます。本当に1文字1.0円未満の仕事を受けないのがベストなのでしょうか?

     

    経験を積む時期は、報酬度外視もモチベーション維持も重要なポイント!

    WEBライターをはじめて経験を積む時期は、1文字単価のことを気にしているとなかなか仕事が出来ないのが本音だと思います。

     

    特に1文字1.0円〜となると執筆内容もかなり品質重視となるはずです。また、WEBライティングの依頼には、アフィリエイトに関連する記事の依頼も少なくありません。

     

    このような場合は、クライアント側も決して費用的にゆとりがあるわけではないので、1文字1.0円〜というケースは稀と考えて間違いありません。

     

    筆者の経験だと個人のアフィリエイト初心者だと1文字0.3円〜0.5円が限界ではないかと感じています。

     

    逆に経験のためといっても1文字0.2円以下は、クライアント側に問題があると思います。このような依頼で品質を求められても無理と言うしかありません。

     

    1時間に1000文字・1文字0.5円〜が報酬額の最低目標!

    WEBライターは、1時間に2000文字書けるようになるのが目標という方も少なくありません。実際は、1時間に1000文字が妥当な気がしていますが・・・。

     

    先ほど個人のアフィリエイターや小規模の企業がクライアントだと費用的に1文字1.0円は厳しいと説明しました。例外もありますが、現実は1文字0.5円が限度だと思います。

     

    クライアントもアフィリエイト初心者であるように自分自身もWEBライターとして初心者なのであれば、クライアントと共に成長を考えるのもひとつの考え方です。

     

    実際に筆者は、全てのクライアント様ではありませんが、アフィリエイト初心者の方にサイト制作のお手伝いという位置づけでライティングとアフィリエイトの基本を提案しました。

     

    このようなやり方で執筆を続けていると報酬が出れば、クライアント様も文字単価の向上を検討してくれるようになります。1文字0.5円が1.0円になることもあります。

     

    WEBライターをはじめたら1時間に1000文字と1文字0.5円が最初の目標で良いと思います。もちろんこの報酬額で家族は養えませんが、物事には順序があります。

     

    得意分野は、高報酬で短時間!苦手分野は、経験を積んで品質向上をしよう!

    1文字0.5円では生活ができないと考えて無理をしても決して良い結果が出るとは思えません。だからいってできるだけ報酬が欲しいのも事実だと思います。

     

    WEBライターで安定した報酬を得られるようになるには、特化した記事が書けるジャンルをつくる必要があります。問題はジャンルの方向性によるので難しい問題ですが・・・。

     

    法人やメディア関係のクライアント様が相手の仕事であれば、専門的なスキルが求められます。特に「法律」「金融」「医療」などは、資格取得者か監修が必要なこともあります。

     

    アフィリエイト関連の記事であれば、現在アフィリエイトで流行っているジャンルを調査して常に対応できるようにしていく必要があります。

     

    筆者は、元々アフィリエイトで生計をたてていたことがあるので、その重要性や関連性が理解できています。また、アフィリエイト初心者の気持ちも良く理解しているので提案もしやすいのが本音です。

     

    人それぞれですが、得意な分野ほど執筆にかかる時間も少なくなって単価が高くなります。言い方を変えれば、得意なジャンルが多ければそれだけ報酬額も多くなる可能性があるということです。

     

    どちらにしても初めから多くのジャンルをはやく執筆できて、報酬単価も高く望むのは難しいと思います。少しずつ目標を高くすることをオススメします。

    | ビジネス(WEBライティング) | 11:03 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする