CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
楽天市場フリー
AD
楽天ブックス
MOBILE
qrcode
<< WEBライティング 1日の稼働時間はどのくらいが理想なのか? | main | 高校野球 秋の神奈川県大会 準決勝 >>
WEBライティングの書き方の基本と文章の調整方法!
0

    WEBライティングの書き方の基本と文章の調整方法!

    WEBライティング初心者の方の中には、文章を執筆する以前にビジネスとしての基本が理解できていない方も少なくありません。

     

    今回は、執筆の内容ではなく「心構え」のようなことを簡単に説明しておきます。副業でも報酬を受け取る以上ビジネスとして対応するのが基本です。

     

    検索サイトを調べるのはOKですが、コピペはOUT

    「コピペNG」と書いているクライアントも少なくありません。実際に今でこそ何も言いませんが、筆者のクライアント様も初めは指示をしてきました。

     

    筆者は、コピペをしていないですし自身で執筆内容をツールでチェックしています。もちろん記事の内容によっては、同じような内容のサイトもあります。

     

    同じような内容の記事でも参考にしているのと見ながら書いているのでは全く質が変わってきます。参考にするのは良いですが、語尾を変えるだけのようなものは「コピペ」になります。

     

    良いか悪いかを判断するのはクライアント!

    クライアントから依頼された記事の内容に関して、初心者ライターの中には自分の書き方を貫こうとする場合があります。

     

    特に修正依頼などがあると自分の執筆スタイルを否定されていると思い文句を言いたくなるのだと思います。ただ、良いか悪いかを判断するのは、ライターではなくクライアントです。

     

    同じクライアントとのおつきあいが、年単位で長くお付き合いをしているとある程度の@提案」は考えてくれるようになります。

     

    わからないことはクライアントに早めに確認!

    WEBライター初心者の方は、とにかく記事の執筆に夢中になってしまいます。せっかく納品をしてもクライアントの承認してもらえないこともあります。

     

    記事の水準のこともありますが、希望した内容や執筆方法などマニュアルをしっかり読んでいないケースも多々あります。

     

    慣れてくるとこちらの提案なども受け入れてくれるクライアントも登場します。わからないことがあるときはすぐにクライアントに質問することをオススメします。

     

    WEBライティングの書き方の基本と文章の調整方法!

    WEBライティング初心者の方の中には、文章を執筆する以前にビジネスとしての基本が理解できていない方も少なくありません。

     

    今回は、執筆の内容ではなく「心構え」のようなことを簡単に説明しておきます。副業でも報酬を受け取る以上ビジネスとして対応するのが基本です。

     

    検索サイトを調べるのはOKですが、コピペはOUT

    「コピペNG」と書いているクライアントも少なくありません。実際に今でこそ何も言いませんが、筆者のクライアント様も初めは指示をしてきました。

     

    筆者は、コピペをしていないですし自身で執筆内容をツールでチェックしています。もちろん記事の内容によっては、同じような内容のサイトもあります。

     

    同じような内容の記事でも参考にしているのと見ながら書いているのでは全く質が変わってきます。参考にするのは良いですが、語尾を変えるだけのようなものは「コピペ」になります。

     

    良いか悪いかを判断するのはクライアント!

    クライアントから依頼された記事の内容に関して、初心者ライターの中には自分の書き方を貫こうとする場合があります。

     

    特に修正依頼などがあると自分の執筆スタイルを否定されていると思い文句を言いたくなるのだと思います。ただ、良いか悪いかを判断するのは、ライターではなくクライアントです。

     

    同じクライアントとのおつきあいが、年単位で長くお付き合いをしているとある程度の@提案」は考えてくれるようになります。

     

    わからないことはクライアントに早めに確認!

    WEBライター初心者の方は、とにかく記事の執筆に夢中になってしまいます。せっかく納品をしてもクライアントの承認してもらえないこともあります。

     

    記事の水準のこともありますが、希望した内容や執筆方法などマニュアルをしっかり読んでいないケースも多々あります。

     

    慣れてくるとこちらの提案なども受け入れてくれるクライアントも登場します。わからないことがあるときはすぐにクライアントに質問することをオススメします。

     

    | ビジネス(WEBライティング) | 23:15 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする