CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
AD・VC
AD
MOBILE
qrcode
サッカー日本代表 代表27人の分析 DF編
0

    JUGEMテーマ:サッカー日本代表

     

    サッカー日本代表 代表27人の分析 DF

    サッカー日本代表が発表されました。今回はDF編△箸いΔ海箸如考えてみようと思います。

     

    1.日本代表のDF

    日本代表のシステムでは、4バックが基本でしたが、西野監督は3バックを考えているようです。確かに3バックか変則の5バックの方が守りやすいのは事実だと思います。

     

    3バックと4バックではメンバー的に変わるような気もしますが、大方のメンバーは配置が代わるだけという印象があります。

     

    1-1.酒井(高)(ハンブルガーSV

    酒井(高)はハリル監督の時から代表に呼ばれていた常連組です。左右どちらのサイドバックもできるので、後半の厳しい時間帯で重宝できる選手だと思います。

     

    問題点は、右サイドが甘くなる傾向のある日本代表はそこをねらわれそうです。

    酒井(高)や他の選手を使うのであれば、3バックにする方が良いのかもしれません。

     

    1-2.遠藤(浦和レッズ)

    遠藤は可もなく不可もなくというのが印象です。攻撃陣の代表水準レベルに比べるとDF陣は正直に言って厳しいというのが本音だと思います。

     

    遠藤の年齢を考えると次回のW杯では主軸になりたい年齢です。現在のレギュラー格との実力差は歴然だと思いますが、今回の経験を活かして欲しいと思います。

     

    1-3.昌子(鹿島アントラーズ)

    吉田に何かあった時は昌子がいると言われるようにならないと困ります。現状はあくまでも代役であって、完全に代わりが努められる訳ではありません。

     

    仮に3バックであれば、長谷部がDFになると思うので、出番は少なくなると思います。どの試合も守備の時間が長くなるので、必ず出番が来ると思って準備をして欲しいです。

     

    1-4.植田(鹿島アントラーズ)

    本来であれば、代表レベルかは疑問の残る選手です。実際にレギュラー枠との差が大きいので通常であれば、出番はないと思います。

     

    植田は次回のW杯でも中心にならなくてはならない年齢です。自分の経験をしっかりと活かして4年後に中心選手になってほしいと思います。

     

    2.日本代表DFの分析

    日本代表のDF陣の最大の問題点は、レギュラーと控えの差です。センターバックはもちろんですが、サイドバックもまだまだ次世代が決まりません。

     

    確かに数人は候補者がいるようですが、やはり世界基準で考えるとまだまだです。せめて長友や酒井(宏)レベルの選手が育たないと4年後も厳しいと思います。

     

    まとめ

    日本のDF陣は層がうすいという印象です。確かにレギュラー格の選手は欧州で活躍をしている選手が多くいます。

     

    MFにはタレントが多い世代が続いているので、4年後に向けて守備陣の強化が必要です。日本が世界で勝にはやはり守備力が基本になります。

     

    今回紹介をしたメンバーは、経験というものを大切にしてほしいと思います。本田・香川をせめる人もいますが、DF陣のレベルを考えると先が不安になります。

     

    | サッカー(主に日本代表) | 10:47 | comments(0) | - |
    << | 2/7PAGES | >>